8.18.15.4. 複数のストレージクラスのデフォルト例

以下の YAML ファイルは、kubevirt-storage-class-defaults 設定マップの例です。これには、migration および block の 2 つのストレージクラスについてストレージが設定されます。

設定マップを更新する前に、すべての設定が基礎となるストレージでサポートされていることを確認してください。

kind: ConfigMap
apiVersion: v1
metadata:
  name: kubevirt-storage-class-defaults
  namespace: openshift-cnv
...
data:
  accessMode: ReadWriteOnce
  volumeMode: Filesystem
  nfs-sc.accessMode: ReadWriteMany
  nfs-sc.volumeMode: Filesystem
  block-sc.accessMode: ReadWriteMany
  block-sc.volumeMode: Block