8.18.7.2. データボリュームの事前割り当ての有効化

データボリュームマニフェストに spec.preallocation フィールドを含めることにより、特定のデータボリュームの事前割り当てを有効にできます。Web コンソールで、または OpenShift CLI (oc) を使用して、事前割り当てモードを有効化することができます。

事前割り当てモードは、すべての CDI ソースタイプでサポートされます。

手順

  • データボリュームマニフェストの spec.preallocation フィールドを指定します。

    apiVersion: cdi.kubevirt.io/v1beta1
    kind: DataVolume
    metadata:
      name: preallocated-datavolume
    spec:
      source: 1
        ...
      pvc:
        ...
      preallocation: true 2
    1
    すべての CDI ソースタイプは事前割り当てをサポートしますが、クローンの操作では事前割り当ては無視されます。
    2
    preallocation フィールドは、デフォルトで false に設定されるブール値です。