9.2. 仮想マシンテンプレートの編集

仮想マシンテンプレートは、Web コンソールで YAML エディターの詳細な設定を編集するか、または Templates タブでカスタムテンプレートを選択し、編集可能な項目を変更して更新できます。

9.2.1. Web コンソールでの仮想マシンテンプレートの編集

関連するフィールドの横にある鉛筆アイコンをクリックして、Web コンソールの仮想マシンテンプレートの選択する値 (select values) を編集します。他の値は、CLI を使用して編集できます。

ラベルとアノテーションは、事前に設定された Red Hat テンプレートとカスタム仮想マシンテンプレートの両方について編集されます。その他のすべての値は、ユーザーが Red Hat テンプレートまたは Create Virtual Machine Template ウィザードを使用して作成したカスタム仮想マシンテンプレートについてのみ編集されます。

手順

  1. サイドメニューから WorkloadsVirtualization をクリックします。
  2. Templates タブをクリックします。
  3. 仮想マシンテンプレートを選択します。
  4. VM Template Details タブをクリックします。
  5. 鉛筆アイコンをクリックして、フィールドを編集可能にします。
  6. 関連する変更を加え、Save をクリックします。

仮想マシンテンプレートの編集は、そのテンプレートですでに作成された仮想マシンには影響を与えません。