8.2. 仮想マシンの編集

Web コンソールの YAML エディターまたはコマンドラインの OpenShift CLI のいずれかを使用して、仮想マシン設定を更新できます。Virtual Machine Details 画面でパラメーターのサブセットを更新することもできます。

8.2.1. Web コンソールでの仮想マシンの編集

関連するフィールドの横にある鉛筆アイコンをクリックして、Web コンソールで仮想マシンの選択する値 (select values) を編集します。他の値は、CLI を使用して編集できます。

ラベルとアノテーションは、事前に設定された Red Hat テンプレートとカスタム仮想マシンテンプレートの両方について編集されます。その他のすべての値は、ユーザーが Red Hat テンプレートまたは Create Virtual Machine Template ウィザードを使用して作成したカスタム仮想マシンテンプレートについてのみ編集されます。

手順

  1. サイドメニューから WorkloadsVirtualization をクリックします。
  2. Virtual Machines タブをクリックします。
  3. 仮想マシンを選択します。
  4. Details タブをクリックします。
  5. 鉛筆アイコンをクリックして、フィールドを編集可能にします。
  6. 関連する変更を加え、Save をクリックします。
注記

仮想マシンが実行されている場合、Boot Order または Flavor への変更は仮想マシンを再起動するまで反映されません。

関連するフィールドの右側にある View Pending Changes をクリックして、保留中の変更を表示できます。ページ上部の Pending Changes バナーには、仮想マシンの再起動時に適用されるすべての変更の一覧が表示されます。