8.3. ブート順序の編集

Web コンソールまたは CLI を使用して、ブート順序リストの値を更新できます。

Virtual Machine Overview ページの Boot Order で、以下を実行できます。

  • ディスクまたはネットワークインターフェースコントローラー (NIC) を選択し、これをブート順序の一覧に追加します。
  • ブート順序の一覧でディスクまたは NIC の順序を編集します。
  • ブート順序の一覧からディスクまたは NIC を削除して、起動可能なソースのインベントリーに戻します。

8.3.1. Web コンソールでのブート順序一覧への項目の追加

Web コンソールを使用して、ブート順序一覧に項目を追加します。

手順

  1. サイドメニューから WorkloadsVirtualization をクリックします。
  2. Virtual Machines タブをクリックします。
  3. 仮想マシンを選択して、Virtual Machine Overview 画面を開きます。
  4. Details タブをクリックします。
  5. Boot Order の右側にある鉛筆アイコンをクリックします。YAML 設定が存在しない場合や、これがブート順序一覧の初回作成時の場合、以下のメッセージが表示されます。No resource selected.仮想マシンは、YAML ファイルでの出現順にディスクからの起動を試行します。
  6. Add Source をクリックして、仮想マシンのブート可能なディスクまたはネットワークインターフェースコントローラー (NIC) を選択します。
  7. 追加のディスクまたは NIC をブート順序一覧に追加します。
  8. Save をクリックします。
注記

仮想マシンが実行されている場合、Boot Order への変更は仮想マシンを再起動するまで反映されません。

Boot Order フィールドの右側にある View Pending Changes をクリックして、保留中の変更を表示できます。ページ上部の Pending Changes バナーには、仮想マシンの再起動時に適用されるすべての変更の一覧が表示されます。