13.3. イベントおよび状態を使用したデータボリュームの診断

oc describe コマンドを使用してデータボリュームの問題を分析し、解決できるようにします。

13.3.1. 状態およびイベントについて

コマンドで生成される Conditions および Events セクションの出力を検査してデータボリュームの問題を診断します。

$ oc describe dv <DataVolume>

表示される Conditions セクションには、3 つの Types があります。

  • Bound
  • running
  • Ready

Events セクションでは、以下の追加情報を提供します。

  • イベントの Type
  • ロギングの Reason
  • イベントの Source
  • 追加の診断情報が含まれるMessage

oc describe からの出力には常に Events が含まれるとは限りません。

イベントは StatusReason、または Message のいずれかの変更時に生成されます。状態およびイベントはどちらもデータボリュームの状態の変更に対応します。

たとえば、インポート操作中に URL のスペルを誤ると、インポートにより 404 メッセージが生成されます。メッセージの変更により、理由と共にイベントが生成されます。Conditions セクションの出力も更新されます。