4.8.2. OpenShift Virtualization の削除

CLI を使用して OpenShift Virtualization を削除できます。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) をインストールすること。
  • cluster-admin パーミッションを持つアカウントを使用して OpenShift Virtualization クラスターにアクセスできること。
注記

CLI を使用して OLM で OpenShift Virtualization Operator のサブスクリプションを削除すると、ClusterServiceVersion (CSV) オブジェクトはクラスターから削除されません。OpenShift Virtualization を完全にアンインストールするには、CSV を明示的に削除する必要があります。

手順

  1. HyperConverged カスタムリソースを削除します。

    $ oc delete HyperConverged kubevirt-hyperconverged -n openshift-cnv
  2. Operator Lifecycle Manager (OLM) で OpenShift Virtualization Operator のサブスクリプションを削除します。

    $ oc delete subscription kubevirt-hyperconverged -n openshift-cnv
  3. OpenShift Virtualization の Cluster Service Version (CSV) 名を環境変数として設定します。

    $ CSV_NAME=$(oc get csv -n openshift-cnv -o=custom-columns=:metadata.name)
  4. 直前の手順で CSV 名を指定して、OpenShift Virtualization クラスターから CSV を削除します。

    $ oc delete csv ${CSV_NAME} -n openshift-cnv

    OpenShift Virtualization は、CSV が正常に削除されたことを示す確認メッセージが表示される際にアンインストールされます。

    出力例

    clusterserviceversion.operators.coreos.com "kubevirt-hyperconverged-operator.v4.8.4" deleted