8.14.11.2. ウォッチドッグデバイスの定義

オペレーティングシステム (OS) が応答しなくなるときにウォッチドッグがどのように進行するかを定義します。

表8.5 利用可能なアクション

poweroff

仮想マシン (VM) の電源がすぐにオフになります。spec.runningtrue に設定されている場合や、spec.runStrategymanual に設定されていない場合には、仮想マシンは再起動します。

reset

VM はその場で再起動し、ゲスト OS は反応できません。ゲスト OS の再起動に必要な時間の長さにより liveness プローブのタイムアウトが生じる可能性があるため、このオプションの使用は推奨されません。このタイムアウトにより、クラスターレベルの保護が liveness プローブの失敗に気づき、強制的に再スケジュールした場合に、VM の再起動にかかる時間が長くなる可能性があります。

shutdown

VM は、すべてのサービスを停止することにより、正常に電源を切ります。

手順

  1. 以下の内容を含む YAML ファイルを作成します。

    apiVersion: kubevirt.io/v1
    kind: VirtualMachine
    metadata:
      labels:
        kubevirt.io/vm: vm2-rhel84-watchdog
      name: <vm-name>
    spec:
      running: false
      template:
        metadata:
         labels:
            kubevirt.io/vm: vm2-rhel84-watchdog
        spec:
          domain:
            devices:
              watchdog:
                name: <watchdog>
                i6300esb:
                  action: "poweroff" 1
    ...
    1
    watchdog アクション (poweroffreset、または shutdown) を指定します。

    上記の例では、電源オフアクションを使用して、RHEL8 VM で i6300esb ウォッチドッグデバイスを設定し、デバイスを /dev/watchdog として公開します。

    このデバイスは、ウォッチドッグバイナリーで使用できるようになりました。

  2. 以下のコマンドを実行して、YAML ファイルをクラスターに適用します。

    $ oc apply -f <file_name>.yaml

検証

重要

この手順は、ウォッチドッグ機能をテストするためにのみ提供されており、実稼働マシンでは実行しないでください。

  1. 以下のコマンドを実行して、VM がウォッチドッグデバイスに接続されていることを確認します。

    $ lspci | grep watchdog -i
  2. 以下のコマンドのいずれかを実行して、ウォッチドッグがアクティブであることを確認します。

    • カーネルパニックをトリガーします。

      # echo c > /proc/sysrq-trigger
    • ウォッチドッグサービスを終了します。

      # pkill -9 watchdog