8.18.3.3. ストレージプロファイルのカスタマイズ

プロビジョナーのストレージクラスの StorageProfile オブジェクトを編集してデフォルトパラメーターを指定できます。これらのデフォルトパラメーターは、DataVolume オブジェクトで設定されていない場合にのみ永続ボリューム要求(PVC)に適用されます。

前提条件

  • 計画した設定がストレージクラスとそのプロバイダーでサポートされていることを確認してください。ストレージプロファイルに互換性のない設定を指定すると、ボリュームのプロビジョニングに失敗します。
注記

ストレージプロファイルの空の status セクションは、ストレージプロビジョナーが Containerized Data Interface (CDI) によって認識されないことを示します。CDI で認識されないストレージプロビジョナーがある場合、ストレージプロファイルをカスタマイズする必要があります。この場合、管理者はストレージプロファイルに適切な値を設定し、割り当てが正常に実行されるようにします。

警告

データボリュームを作成し、YAML 属性を省略し、これらの属性がストレージプロファイルで定義されていない場合は、要求されたストレージは割り当てられず、基礎となる永続ボリューム要求 (PVC) は作成されません。

手順

  1. ストレージプロファイルを編集します。この例では、プロビジョナーは CDI によって認識されません。

    $ oc edit -n openshift-cnv storageprofile <storage_class>

    ストレージプロファイルの例

    apiVersion: cdi.kubevirt.io/v1beta1
    kind: StorageProfile
    metadata:
      name: <some_unknown_provisioner_class>
    #   ...
    spec: {}
    status:
      provisioner: <some_unknown_provisioner>
      storageClass: <some_unknown_provisioner_class>

  2. ストレージプロファイルに必要な属性値を指定します。

    ストレージプロファイルの例

    apiVersion: cdi.kubevirt.io/v1beta1
    kind: StorageProfile
    metadata:
      name: <some_unknown_provisioner_class>
    #   ...
    spec:
      claimPropertySets:
      - accessModes:
        - ReadWriteOnce 1
        volumeMode:
          Filesystem 2
    status:
      provisioner: <some_unknown_provisioner>
      storageClass: <some_unknown_provisioner_class>

    1
    選択する accessModes
    2
    選択する volumeMode

    変更を保存した後、選択した値がストレージプロファイルの status 要素に表示されます。