8.16.3.3. データボリュームテンプレートの使用による、クローン作成された永続ボリューム要求 (PVC) からの仮想マシンの新規作成

既存の仮想マシンの永続ボリューム要求 (PVC) のクローンをデータボリュームに作成する仮想マシンを作成できます。仮想マシンマニフェストの dataVolumeTemplate を参照することにより、source PVC のクローンがデータボリュームに作成され、これは次に仮想マシンを作成するために自動的に使用されます。

注記

データボリュームが仮想マシンのデータボリュームテンプレートの一部として作成されると、データボリュームのライフサイクルは仮想マシンに依存します。つまり、仮想マシンが削除されると、データボリュームおよび関連付けられた PVC も削除されます。

前提条件

  • 使用する既存の仮想マシンディスクの PVC を判別すること。クローン作成の前に、PVC に関連付けられた仮想マシンの電源を切る必要があります。
  • OpenShift CLI (oc) をインストールすること。

手順

  1. 関連付けられた PVC の名前および namespace を特定するために、クローン作成に必要な仮想マシンを確認します。
  2. VirtualMachine オブジェクトの YAML ファイルを作成します。以下の仮想マシンのサンプルでは、source-namespace namespace にある my-favorite-vm-disk のクローンを作成します。favorite-clone という 2Gi データは my-favorite-vm-disk から作成されます。

    以下は例になります。

    apiVersion: kubevirt.io/v1
    kind: VirtualMachine
    metadata:
      labels:
        kubevirt.io/vm: vm-dv-clone
      name: vm-dv-clone 1
    spec:
      running: false
      template:
        metadata:
          labels:
            kubevirt.io/vm: vm-dv-clone
        spec:
          domain:
            devices:
              disks:
              - disk:
                  bus: virtio
                name: root-disk
            resources:
              requests:
                memory: 64M
          volumes:
          - dataVolume:
              name: favorite-clone
            name: root-disk
      dataVolumeTemplates:
      - metadata:
          name: favorite-clone
        spec:
          pvc:
            accessModes:
            - ReadWriteOnce
            resources:
              requests:
                storage: 2Gi
          source:
            pvc:
              namespace: "source-namespace"
              name: "my-favorite-vm-disk"
    1
    作成する仮想マシン。
  3. PVC のクローンが作成されたデータボリュームで仮想マシンを作成します。

    $ oc create -f <vm-clone-datavolumetemplate>.yaml