8.17.2.2.3. CLI での Linux ブリッジネットワーク接続定義の作成

ネットワーク管理者は、タイプ cnv-bridge のネットワーク接続定義を、レイヤー 2 ネットワークを Pod および仮想マシンに提供するように設定できます。

注記

ネットワーク接続定義は Pod または仮想マシンと同じ namespace にある必要があります。

手順

  1. ネットワーク接続定義マニフェストを作成します。マニフェストには、お使いの設定に合わせて変更された以下の内容が含まれる必要があります。

    apiVersion: "k8s.cni.cncf.io/v1"
    kind: NetworkAttachmentDefinition
    metadata:
      name: <a-bridge-network> 1
      annotations:
        k8s.v1.cni.cncf.io/resourceName: bridge.network.kubevirt.io/<bridge-interface> 2
    spec:
      config: '{
        "cniVersion": "0.3.1",
        "name": "<a-bridge-network>", 3
        "type": "cnv-bridge", 4
        "bridge": "<bridge-interface>", 5
        "vlan": 1 6
      }'
    1
    NetworkAttachmentDefinition オブジェクトの名前。
    2
    オプション: ノード選択のアノテーションのキーと値のペア。bridge-interface は一部のノードに設定されるブリッジの名前です。このアノテーションをネットワーク接続定義に追加する場合、仮想マシンインスタンスは bridge-interface ブリッジが接続されているノードでのみ実行されます。
    3
    設定の名前。設定名をネットワーク接続定義の name 値に一致させることが推奨されます。
    4
    このネットワーク接続定義のネットワークを提供する Container Network Interface (CNI) プラグインの実際の名前。異なる CNI を使用するのでない限り、このフィールドは変更しないでください。
    5
    ノードに設定される Linux ブリッジの名前。
    6
    オプション: VLAN タグ。
  2. ネットワーク接続定義を作成します。

    $ oc create -f <network-attachment-definition.yaml> 1
    1
    ここで、<network-attachment-definition.yaml> はネットワーク接続定義マニフェストのファイル名です。

検証

  • ネットワーク接続定義が oc get network-attachment-definition <name> または oc get net-attach-def <name> のいずれかを実行して作成されていることを確認します。以下は例になります。

    $ oc get network-attachment-definition <a-bridge-network> 1
    1
    ここで、<a-bridge-network> はネットワーク接続定義の設定に指定される名前です。