8.6. 仮想マシンの状態の制御

Web コンソールから仮想マシンを停止し、起動し、再起動し、一時停止を解除することができます。

注記

コマンドラインインターフェース (CLI) から仮想マシンを制御するには、virtctl クライアントを使用します。

8.6.1. 仮想マシンの起動

Web コンソールから仮想マシンを起動できます。

手順

  1. サイドメニューから WorkloadsVirtualization をクリックします。
  2. Virtual Machines タブをクリックします。
  3. 起動する仮想マシンが含まれる行を見つけます。
  4. ユースケースに適したメニューに移動します。

    • 複数の仮想マシンでのアクションの実行が可能なこのページに留まるには、以下を実行します。

      1. 行の右端にある Options メニュー kebab をクリックします。
    • 選択した仮想マシンを起動する前に、その仮想マシンの総合的な情報を表示するには、以下を実行します。

      1. 仮想マシンの名前をクリックして、Virtual Machine Overview ページにアクセスします。
      2. Actions をクリックします。
  5. Start Virtual Machine を選択します。
  6. 確認ウィンドウで Start をクリックし、仮想マシンを起動します。
注記

URL ソースからプロビジョニングされる仮想マシンの初回起動時に、OpenShift Virtualization が URL エンドポイントからコンテナーをインポートする間、仮想マシンの状態は Importing になります。このプロセスは、イメージのサイズによって数分の時間がかかる可能性があります。