8.14.10.2. PCI パススルー用の仮想マシンの設定

PCI デバイスがクラスターに追加された後に、それらを仮想マシンに割り当てることができます。PCI デバイスが仮想マシンに物理的に接続されているかのような状態で利用できるようになりました。

8.14.10.2.1. PCI デバイスの仮想マシンへの割り当て

PCI デバイスがクラスターで利用可能な場合、これを仮想マシンに割り当て、PCI パススルーを有効にすることができます。

手順

  • PCI デバイスをホストデバイスとして仮想マシンに割り当てます。

    apiVersion: kubevirt.io/v1
    kind: VirtualMachine
    spec:
      domain:
        devices:
          hostDevices:
          - deviceName: nvidia.com/TU104GL_Tesla_T4 1
            name: hostdevices1

    1
    クラスターでホストデバイスとして許可される PCI デバイスの名前。仮想マシンがこのホストデバイスにアクセスできます。

検証

  • 以下のコマンドを使用して、ホストデバイスが仮想マシンから利用可能であることを確認します。

    $ lspci -nnk | grep NVIDIA

    出力例

    $ 02:01.0 3D controller [0302]: NVIDIA Corporation GV100GL [Tesla V100 PCIe 32GB] [10de:1eb8] (rev a1)