8.14.7.3. 仮想マシンの Huge Page の設定

memory.hugepages.pageSize および resources.requests.memory パラメーターを仮想マシン設定に組み込み、仮想マシンを事前に割り当てられた Huge Page を使用するように設定できます。

メモリー要求はページサイズ別に分ける必要があります。たとえば、ページサイズ 1Gi の場合に 500Mi メモリーを要求することはできません。

注記

ホストおよびゲスト OS のメモリーレイアウトには関連性がありません。仮想マシンマニフェストで要求される Huge Page が QEMU に適用されます。ゲスト内の Huge Page は、仮想マシンインスタンスの利用可能なメモリー量に基づいてのみ設定できます。

実行中の仮想マシンを編集する場合は、変更を有効にするために仮想マシンを再起動する必要があります。

前提条件

  • ノードには、事前に割り当てられた Huge Page が設定されている必要がある。

手順

  1. 仮想マシン設定で、resources.requests.memory および memory.hugepages.pageSize パラメーターを spec.domain に追加します。以下の設定スニペットは、ページサイズが 1Giの合計 4Gi メモリーを要求する仮想マシンについてのものです。

    kind: VirtualMachine
    ...
    spec:
      domain:
        resources:
          requests:
            memory: "4Gi" 1
        memory:
          hugepages:
            pageSize: "1Gi" 2
    ...
    1
    仮想マシンに要求されるメモリーの合計量。この値はページサイズで分ける必要があります。
    2
    各 Huge Page のサイズ。x86_64 アーキテクチャーの有効な値は 1Gi および 2Mi です。ページサイズは要求されたメモリーよりも小さくなければなりません。
  2. 仮想マシン設定を適用します。

    $ oc apply -f <virtual_machine>.yaml