8.14.11. ウォッチドッグの設定

ウォッチドッグデバイスに仮想マシン (VM) を設定し、ウォッチドッグをインストールして、ウォッチドッグサービスを開始することで、ウォッチドッグを公開します。

8.14.11.1. 前提条件

  • 仮想マシンで i6300esb ウォッチドッグデバイスのカーネルサポートが含まれている。Red Hat Enterprise Linux(RHEL)イメージが、i6300esb をサポートしている。