8.18.14. smart-cloning を使用したデータボリュームのクローン作成

smart-cloning は OpenShift Container Platform Storage (OCS) のビルトイン機能であり、クローン作成プロセスのパフォーマンスを強化するように設計されています。smart-cloning で作成したクローンは、ホスト支援型のクローン作成よりも速く、効率的です。

smart-cloning を有効にするためにアクションを実行する必要はありませんが、この機能を使用するには、ストレージ環境が smart-cloning と互換性があることを確認する必要があります。

永続ボリューム要求 (PVC) ソースでデータボリュームを作成すると、クローン作成プロセスが自動的に開始します。お使いの環境で smart-cloning をサポートするかどうかにかかわらず、データボリュームのクローンは常に受信できます。ただし、ストレージプロバイダーが smart-cloning に対応している場合、smart-cloning によるパフォーマンス上のメリットが得られます。

8.18.14.1. smart-cloning について

データボリュームに smart-cloning が実行された場合、以下が発生します。

  1. ソースの永続ボリューム要求 (PVC) のスナップショットが作成されます。
  2. PVC はスナップショットから作成されます。
  3. スナップショットは削除されます。