8.14.3.2. 仮想マシン作成の自動化

kubevirt_vm Ansible Playbook を使用し、Red Hat Ansible Automation Platform を使用して OpenShift Container Platform クラスターに仮想マシンを作成できます。

前提条件

手順

  1. kubevirt_vm タスクを含むように Ansible Playbook YAML ファイルを編集します。

      kubevirt_vm:
        namespace:
        name:
        cpu_cores:
        memory:
        disks:
          - name:
            volume:
              containerDisk:
                image:
            disk:
              bus:
    注記

    このスニペットには Playbook の kubevirt_vm 部分のみが含まれます。

  2. namespacecpu_cores の数、memory、および disks を含む、作成する必要のある仮想マシンを反映させるように値を編集します。以下は例になります。

      kubevirt_vm:
        namespace: default
        name: vm1
        cpu_cores: 1
        memory: 64Mi
        disks:
          - name: containerdisk
            volume:
              containerDisk:
                image: kubevirt/cirros-container-disk-demo:latest
            disk:
              bus: virtio
  3. 仮想マシンを作成後すぐに起動する必要がある場合には、state: running を YAML ファイルに追加します。以下は例になります。

      kubevirt_vm:
        namespace: default
        name: vm1
        state: running 1
        cpu_cores: 1
    1
    この値を state: absent に変更すると、すでに存在する場合に仮想マシンは削除されます。
  4. Playbook のファイル名を引数としてのみ使用して、 ansible-playbook コマンドを実行します。

    $ ansible-playbook create-vm.yaml
  5. 出力を確認し、プレイが正常に実行されたかどうかを確認します。

    出力例

    (...)
    TASK [Create my first VM] ************************************************************************
    changed: [localhost]
    
    PLAY RECAP ********************************************************************************************************
    localhost                  : ok=2    changed=1    unreachable=0    failed=0    skipped=0    rescued=0    ignored=0

  6. Playbook ファイルに state: running を含めず、すぐに仮想マシンを起動する必要がある場合には、 state: running を含めるようにファイルを編集し、Playbook を再度実行します。

    $ ansible-playbook create-vm.yaml

仮想マシンが作成されたことを確認するには、仮想マシンコンソールへのアクセスを試行します。