6.2. kubevirt-controller サービスアカウントの追加の OpenShift Container Platform SCC (Security Context Constraints) および Linux 機能

SCC (Security Context Constraints) は Pod のパーミッションを制御します。これらのパーミッションには、コンテナーのコレクションである Pod が実行できるアクションおよびそれがアクセスできるリソース情報が含まれます。SCC を使用して、Pod がシステムに受け入れられるために必要な Pod の実行についての条件の一覧を定義することができます。

kubevirt-controller は、クラスター内の仮想マシンの virt-launcher Pod を作成するクラスターコントローラーです。これらの virt-launcher Pod には、kubevirt-controller サービスアカウントによってパーミッションが付与されます。

6.2.1. kubevirt-controller サービスアカウントに付与される追加の SCC

kubevirt-controller サービスアカウントには追加の SCC および Linux 機能が付与され、これにより適切なパーミッションを持つ virt-launcher Pod を作成できます。これらの拡張パーミッションにより、仮想マシンは通常の Pod の範囲外の OpenShift Virtualization 機能を利用できます。

kubevirt-controller サービスアカウントには以下の SCC が付与されます。

  • scc.AllowHostDirVolumePlugin = true
    これは、仮想マシンが hostpath ボリュームプラグインを使用することを可能にします。
  • scc.AllowPrivilegedContainer = false
    これは、virt-launcher Pod が権限付きコンテナーとして実行されないようにします。
  • scc.AllowedCapabilities = []corev1.Capability{"NET_ADMIN", "NET_RAW", "SYS_NICE"}
    This provides the following additional Linux capabilities NET_ADMIN, NET_RAW, and SYS_NICE.