8.13.4. VirtIO ドライバーコンテナーディスクの仮想マシンへの追加

OpenShift Virtualization は、Red Hat Ecosystem Catalog で利用できる Microsoft Windows の VirtIO ドライバーをコンテナーディスクとして配布します。これらのドライバーを Windows 仮想マシンにインストールするには、仮想マシン設定ファイルで container-native-virtualization/virtio-win コンテナーディスクを SATA CD ドライブとして仮想マシンに割り当てます。

前提条件

  • container-native-virtualization/virtio-win コンテナーディスクを Red Hat Ecosystem Catalog からダウンロードすること。コンテナーディスクがクラスターにない場合は Red Hat レジストリーからダウンロードされるため、これは必須ではありません。

手順

  1. container-native-virtualization/virtio-win コンテナーディスクを cdrom ディスクとして Windows 仮想マシン設定ファイルに追加します。コンテナーディスクは、クラスターにない場合はレジストリーからダウンロードされます。

    spec:
      domain:
        devices:
          disks:
            - name: virtiocontainerdisk
              bootOrder: 2 1
              cdrom:
                bus: sata
    volumes:
      - containerDisk:
          image: container-native-virtualization/virtio-win
        name: virtiocontainerdisk
    1
    OpenShift Virtualization は、VirtualMachine 設定ファイルに定義される順序で仮想マシンディスクを起動します。container-native-virtualization/virtio-win コンテナーディスクの前に仮想マシンの他のディスクを定義するか、またはオプションの bootOrder パラメーターを使用して仮想マシンが正しいディスクから起動するようにできます。ディスクに bootOrder を指定する場合、これは設定のすべてのディスクに指定される必要があります。
  2. ディスクは、仮想マシンが起動すると利用可能になります。

    • コンテナーディスクを実行中の仮想マシンに追加する場合、変更を有効にするために CLI で oc apply -f <vm.yaml> を使用するか、または仮想マシンを再起動します。
    • 仮想マシンが実行されていない場合、virtctl start <vm> を使用します。

仮想マシンが起動したら、VirtIO ドライバーを割り当てられた SATA CD ドライブからインストールできます。