11.5.2. CPU 機能のノードのラベル付けについて

反復処理により、最小 CPU モデルのベース CPU 機能は、ノード用に生成されたラベルの一覧から削除されます。

以下は例になります。

  • 環境には、PenrynHaswell という 2 つのサポートされる CPU モデルが含まれる可能性があります。
  • PenrynminCPU の CPU モデルとして指定される場合、Penryn のベース CPU の各機能は Haswell によってサポートされる CPU 機能の一覧と比較されます。

    例11.2 Penryn でサポートされる CPU 機能

    apic
    clflush
    cmov
    cx16
    cx8
    de
    fpu
    fxsr
    lahf_lm
    lm
    mca
    mce
    mmx
    msr
    mtrr
    nx
    pae
    pat
    pge
    pni
    pse
    pse36
    sep
    sse
    sse2
    sse4.1
    ssse3
    syscall
    tsc

    例11.3 Haswell でサポートされる CPU 機能

    aes
    apic
    avx
    avx2
    bmi1
    bmi2
    clflush
    cmov
    cx16
    cx8
    de
    erms
    fma
    fpu
    fsgsbase
    fxsr
    hle
    invpcid
    lahf_lm
    lm
    mca
    mce
    mmx
    movbe
    msr
    mtrr
    nx
    pae
    pat
    pcid
    pclmuldq
    pge
    pni
    popcnt
    pse
    pse36
    rdtscp
    rtm
    sep
    smep
    sse
    sse2
    sse4.1
    sse4.2
    ssse3
    syscall
    tsc
    tsc-deadline
    x2apic
    xsave
  • PenrynHaswell の両方が特定の CPU 機能をサポートする場合、その機能にラベルは作成されません。ラベルは、Haswell でのみサポートされ、Penryn ではサポートされていない CPU 機能用に生成されます。

    例11.4 反復後に CPU 機能用に作成されるノードラベル

    aes
    avx
    avx2
    bmi1
    bmi2
    erms
    fma
    fsgsbase
    hle
    invpcid
    movbe
    pcid
    pclmuldq
    popcnt
    rdtscp
    rtm
    sse4.2
    tsc-deadline
    x2apic
    xsave