13.9.2. OpenShift Virtualization データの収集について

oc adm must-gather CLI コマンドを使用してクラスターについての情報を収集できます。これには、OpenShift Virtualization に関連する機能およびオブジェクトが含まれます。

  • OpenShift Virtualization Operator namespace(および子オブジェクト)
  • すべての OpenShift Virtualization カスタムリソース定義 (CRD)
  • 仮想マシンを含むすべての namespace
  • 基本的な仮想マシン定義

must-gather を使用して OpenShift Virtualization データを収集するには、OpenShift Virtualization イメージ --image=registry.redhat.io/container-native-virtualization/cnv-must-gather-rhel8:v4.8.4 を指定する必要があります。