第3章 OpenShift Virtualization リリースノート

3.1. Red Hat OpenShift Virtualization について

Red Hat OpenShift Virtualization は、従来の仮想マシン (VM) をコンテナーと共に実行される OpenShift Container Platform に組み込み、それらをネイティブ Kubernetes オブジェクトとして管理することを可能にします。

OpenShift Virtualization は、 OpenShift Virtualization ロゴで表されます。

OVN-Kubernetes または OpenShiftSDN のデフォルトの Container Network Interface (CNI) ネットワークプロバイダーのいずれかで OpenShift Virtualization を使用できます。

OpenShift Virtualization の機能について参照してください。

3.1.1. OpenShift Virtualization サポートのクラスターバージョン

OpenShift Virtualization 4.8 は OpenShift Container Platform 4.8 クラスターで使用するためにサポートされます。OpenShift Virtualization の最新の z-stream リリースを使用するには、まず最新バージョンの OpenShift Container Platform にアップグレードする必要があります。

3.1.2. サポート対象のゲストオペレーティングシステム

OpenShift Virtualization ゲストは以下のオペレーティングシステムを使用できます。

  • Red Hat Enterprise Linux 6, 7, and 8。
  • Microsoft Windows Server 2012 R2、2016、および 2019。
  • Microsoft Windows 10。

OpenShift Virtualization に同梱される他のオペレーティングシステムテンプレートはサポートされていません。