3.3. 新機能および変更された機能

  • OpenShift Virtualization は、Windows Server のワークロードを実行する Microsoft の Windows Server Virtualization Validation Program (SVVP) で認定されています。

    SVVP の認定は以下に適用されます。

    • Red Hat Enterprise Linux CoreOS ワーカー。Microsoft SVVP Catalog では、Red Hat OpenShift Container Platform 4 on RHEL CoreOS という名前が付けられます。
    • Intel および AMD CPU。
  • Containerized Data Importer (CDI) は OpenShift Container Platform の クラスター全体のプロキシー設定 を使用するようになりました。
  • OpenShift Virtualization は、OpenShift Container Platform での使用が Red Hat によって認定された サードパーティーの Container Network Interface (CNI) プラグインをサポートするようになりました。
  • OpenShift Virtualization は、インフラストラクチャーリソースがクラスターで消費される方法を監視するためのメトリクスを提供するようになりました。OpenShift Container Platform モニタリングダッシュボードを使用して、以下のリソースの メトリクスをクエリー できます。

    • vCPU
    • ネットワーク
    • ストレージ
    • ゲストメモリーのスワップ
  • Windows 仮想マシンがテンプレートから作成されているか、事前定義された Hyper-V 機能を備えている場合は、Hyper-V 対応ノードにのみスケジュールできるようになりました。

3.3.1. クイックスタート

  • クイックスタートツアーは、複数の OpenShift Virtualization 機能で利用できます。ツアーを表示するには、OpenShift Virtualization コンソールのヘッダーのメニューバーにある Help アイコン ? をクリックし、Quick Starts を選択します。Filter フィールドに virtualization キーワードを入力して、利用可能なツアーをフィルターできます。