3.5. 主な技術上の変更点

  • OpenShift Virtualization は、デュアルスタックネットワークが有効にされているクラスターで実行される場合に IPv6 アドレスを設定するようになりました。基礎となる OpenShift Container Platform クラスターにデュアルスタックネットワークが有効にされている場合、IPv4、IPv6、またはその両方の IP アドレスファミリーを使用するサービスを作成できます。
  • KubeMacPool は、OpenShift Virtualization のインストール時にデフォルトで有効化されるようになりました。namespace の MAC アドレスプールの無効化は、mutatevirtualmachines.kubemacpool.io=ignore ラベルを namespace. に追加して実行できます。ラベルを削除して、namespace の KubeMacPool を再度有効にします。