13.8.2. メトリクスのクエリー

OpenShift Container Platform モニタリングダッシュボードでは、Prometheus のクエリー言語 (PromQL) クエリーを実行し、プロットに可視化されるメトリクスを検査できます。この機能により、クラスターの状態と、モニターしているユーザー定義のワークロードに関する情報が提供されます。

クラスター管理者 は、すべての OpenShift Container Platform のコアプロジェクトおよびユーザー定義プロジェクトのメトリクスをクエリーできます。

開発者 として、メトリクスのクエリー時にプロジェクト名を指定する必要があります。選択したプロジェクトのメトリクスを表示するには、必要な権限が必要です。

13.8.2.1. クラスター管理者としてのすべてのプロジェクトのメトリクスのクエリー

クラスター管理者またはすべてのプロジェクトの表示パーミッションを持つユーザーとして、メトリクス UI ですべてのデフォルト OpenShift Container Platform およびユーザー定義プロジェクトのメトリクスにアクセスできます。

注記

クラスター管理者のみが、OpenShift Container Platform Monitoring で提供されるサードパーティーの UI にアクセスできます。

前提条件

  • cluster-admin ロールまたはすべてのプロジェクトの表示パーミッションを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされていること。

手順

  1. OpenShift Container Platform Web コンソール内の Administrator パースペクティブで、MonitoringMetrics を選択します。
  2. Insert Metric at Cursor を選択し、事前に定義されたクエリーの一覧を表示します。
  3. カスタムクエリーを作成するには、Prometheus クエリー言語 (PromQL) のクエリーを Expression フィールドに追加します。
  4. 複数のクエリーを追加するには、Add Query を選択します。
  5. クエリーを削除するには、クエリーの横にある kebab を選択してから Delete query を選択します。
  6. クエリーの実行を無効にするには、クエリーの横にある kebab を選択してから Disable query を選択します。
  7. Run Queries を選択し、作成したクエリーを実行します。クエリーからのメトリクスはプロットで可視化されます。クエリーが無効な場合、UI にはエラーメッセージが表示されます。

    注記

    大量のデータで動作するクエリーは、時系列グラフの描画時にタイムアウトするか、またはブラウザーをオーバーロードする可能性があります。これを回避するには、Hide graph を選択し、メトリクステーブルのみを使用してクエリーを調整します。次に、使用できるクエリーを確認した後に、グラフを描画できるようにプロットを有効にします。

  8. オプション: ページ URL には、実行したクエリーが含まれます。このクエリーのセットを再度使用できるようにするには、この URL を保存します。

関連情報