8.17.5.2. SR-IOV の追加ネットワークの設定

SriovNetwork オブジェクト を作成して、SR-IOV ハードウェアを使用する追加のネットワークを設定できます。SriovNetwork オブジェクトの作成時に、SR-IOV Operator は NetworkAttachmentDefinition オブジェクトを自動的に作成します。

次に、ユーザーはネットワークを仮想マシン設定で指定することで、仮想マシンを SR-IOV ネットワークに割り当てることができます。

注記

SriovNetwork オブジェクトが running 状態の Pod または仮想マシンに割り当てられている場合、これを変更したり、削除したりしないでください。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) をインストールすること。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてログインすること。

手順

  1. 以下の SriovNetwork オブジェクトを作成してから、YAML を <name>-sriov-network.yaml ファイルに保存します。<name> を、この追加ネットワークの名前に置き換えます。
apiVersion: sriovnetwork.openshift.io/v1
kind: SriovNetwork
metadata:
  name: <name> 1
  namespace: openshift-sriov-network-operator 2
spec:
  resourceName: <sriov_resource_name> 3
  networkNamespace: <target_namespace> 4
  vlan: <vlan> 5
  spoofChk: "<spoof_check>" 6
  linkState: <link_state> 7
  maxTxRate: <max_tx_rate> 8
  minTxRate: <min_rx_rate> 9
  vlanQoS: <vlan_qos> 10
  trust: "<trust_vf>" 11
  capabilities: <capabilities> 12
1
<name> をオブジェクトの名前に置き換えます。SR-IOV Network Operator は、同じ名前を持つ NetworkAttachmentDefinition オブジェクトを作成します。
2
SR-IOV ネットワーク Operator がインストールされている namespace を指定します。
3
<sriov_resource_name> を、この追加ネットワークの SR-IOV ハードウェアを定義する SriovNetworkNodePolicy オブジェクトの .spec.resourceName パラメーターの値に置き換えます。
4
<target_namespace> を SriovNetwork のターゲット namespace に置き換えます。ターゲット namespace の Pod または仮想マシンのみを SriovNetwork に割り当てることができます。
5
オプション: <vlan> を、追加ネットワークの仮想 LAN (VLAN) ID に置き換えます。整数値は 0 から 4095である必要があります。デフォルト値は 0 です。
6
オプション: <spoof_check> を VF の spoof check モードに置き換えます。許可される値は、文字列の "on" および "off" です。
重要

指定する値を引用符で囲む必要があります。そうしないと、CR は SR-IOV ネットワーク Operator によって拒否されます。

7
オプション: <link_state> を仮想機能 (VF) のリンクの状態に置き換えます。許可される値は、enabledisable、および auto です。
8
オプション: <max_tx_rate> を VF の最大伝送レート (Mbps) に置き換えます。
9
オプション: <min_tx_rate> を VF の最小伝送レート (Mbps) に置き換えます。この値は、常に最大伝送レート以下である必要があります。
注記

Intel NIC は minTxRate パラメーターをサポートしません。詳細は、BZ#1772847 を参照してください。

10
オプション: <vlan_qos> を VF の IEEE 802.1p 優先レベルに置き換えます。デフォルト値は 0 です。
11
オプション: <trust_vf> を VF の信頼モードに置き換えます。許可される値は、文字列の "on" および "off" です。
重要

指定する値を引用符で囲む必要があります。そうしないと、CR は SR-IOV ネットワーク Operator によって拒否されます。

12
オプション: <capabilities> を、このネットワークに設定する機能に置き換えます。
  1. オブジェクトを作成するには、以下のコマンドを入力します。<name> を、この追加ネットワークの名前に置き換えます。

    $ oc create -f <name>-sriov-network.yaml
  2. オプション: 以下のコマンドを実行して、直前の手順で作成した SriovNetwork オブジェクトに関連付けられた NetworkAttachmentDefinition オブジェクトが存在することを確認するには、以下のコマンドを入力します。<namespace> を、SriovNetwork オブジェクト で指定した namespace に置き換えます。

    $ oc get net-attach-def -n <namespace>