第1章 OpenShift Virtualization について

OpenShift Virtualization の機能およびサポート範囲について確認します。

1.1. OpenShift Virtualization の機能

OpenShift virtualization は OpenShift Container Platform のアドオンであり、仮想マシンのワークロードを実行し、このワークロードをコンテナーのワークロードと共に管理することを可能にします。

OpenShift Virtualization は、Kubernetes カスタムリソースにより新規オブジェクトを OpenShift Container Platform クラスターに追加し、仮想化タスクを有効にします。これらのタスクには、以下が含まれます。

  • Linux および Windows 仮想マシンの作成と管理
  • 各種コンソールおよび CLI ツールの使用による仮想マシンへの接続
  • 既存の仮想マシンのインポートおよびクローン作成
  • ネットワークインターフェースコントローラーおよび仮想マシンに割り当てられたストレージディスクの管理
  • 仮想マシンのノード間でのライブマイグレーション

機能強化された Web コンソールは、これらの仮想化されたリソースを OpenShift Container Platform クラスターコンテナーおよびインフラストラクチャーと共に管理するためのグラフィカルポータルを提供します。

OpenShift Virtualization は OpenShift Container Storage (OCS) でテストされ、最適なエクスペリエンスを得るために OCS 機能と共に使用するように設計されています。

OpenShift Virtualization は、OVN-Kubernetes、OpenShiftSDN、または 認定 OpenShift CNI プラグインに一覧表示されている他の認定デフォルトの Container Network Interface(CNI)ネットワークプロバイダーのいずれかと共に使用できます。

1.1.1. OpenShift Virtualization サポートのクラスターバージョン

OpenShift Virtualization 4.8 は OpenShift Container Platform 4.8 クラスターで使用するためにサポートされます。OpenShift Virtualization の最新の z-stream リリースを使用するには、まず最新バージョンの OpenShift Container Platform にアップグレードする必要があります。