第10章 ライブマイグレーション

10.1. 仮想マシンのライブマイグレーション

10.1.1. ライブマイグレーションについて

ライブマイグレーションは、仮想ワークロードまたはアクセスに支障を与えることなく、実行中の仮想マシンインスタンス (VMI) をクラスター内の別のノードに移行するプロセスです。VMI が LiveMigrate エビクションストラテジーを使用する場合、VMI が実行されるノードがメンテナンスモードになると自動的に移行されます。移行する VMI を選択して、ライブマイグレーションを手動で開始することもできます。

仮想マシンでは、共有 ReadWriteMany (RWX) アクセスモードを持つ永続ボリューム要求 (PVC) のライブマイグレーションが必要です。

注記

ライブマイグレーションは、HyperConverged Cluster カスタムリソース (CR) で sriovLiveMigration 機能ゲートが有効にされている場合にのみ、SR-IOV ネットワークインターフェースに接続されている仮想マシンでサポートされます。spec.featureGates.sriovLiveMigration フィールドが true に設定されている場合、virt-launcher Pod は SYS_RESOURCE 機能と共に実行されます。これにより、セキュリティーのレベルが低下する可能性があります。

10.1.2. ライブマイグレーションのアクセスモードの更新

ライブマイグレーションが適切に機能するには、ReadWriteMany (RWX) アクセスモードを使用する必要があります。必要に応じて、以下の手順でアクセスモードを更新します。

手順

  • RWX アクセスモードを設定するには、以下の oc patch コマンドを実行します。

    $ oc patch -n openshift-cnv \
        cm kubevirt-storage-class-defaults \
        -p '{"data":{"'$<STORAGE_CLASS>'.accessMode":"ReadWriteMany"}}'