8.15. 仮想マシンのインポート

8.15.1. データボリュームインポートの TLS 証明書

8.15.1.1. データボリュームインポートの認証に使用する TLS 証明書の追加

ソースからデータをインポートするには、レジストリーまたは HTTPS エンドポイントの TLS 証明書を設定マップに追加する必要があります。この設定マップは、宛先データボリュームの namespace に存在する必要があります。

TLS 証明書の相対パスを参照して設定マップ を作成します。

手順

  1. 正しい namespace にあることを確認します。設定マップは、同じ namespace にある場合にデータボリュームによってのみ参照されます。

    $ oc get ns
  2. 設定マップを作成します。

    $ oc create configmap <configmap-name> --from-file=</path/to/file/ca.pem>

8.15.1.2. 例: TLS 証明書から作成される設定マップ

以下は、ca.pem TLS 証明書で作成される設定マップの例です。

apiVersion: v1
kind: ConfigMap
metadata:
  name: tls-certs
data:
  ca.pem: |
    -----BEGIN CERTIFICATE-----
    ... <base64 encoded cert> ...
    -----END CERTIFICATE-----