18.3.5.3. 例: ボンドインターフェースノードネットワークの設定ポリシー

NodeNetworkConfigurationPolicy マニフェストをクラスターに適用してノード上にボンドインターフェースを作成します。

注記

OpenShift Container Platform は以下の bond モードのみをサポートします。

  • mode=1 active-backup
  • mode=2 balance-xor
  • mode=4 802.3ad
  • mode=5 balance-tlb
  • mode=6 balance-alb

以下の YAML ファイルは、ボンドインターフェースのマニフェストの例です。これには、独自の情報で置き換える必要のあるサンプルの値が含まれます。

apiVersion: nmstate.io/v1beta1
kind: NodeNetworkConfigurationPolicy
metadata:
  name: bond0-eth1-eth2-policy 1
spec:
  nodeSelector: 2
    kubernetes.io/hostname: <node01> 3
  desiredState:
    interfaces:
    - name: bond0 4
      description: Bond enslaving eth1 and eth2 5
      type: bond 6
      state: up 7
      ipv4:
        dhcp: true 8
        enabled: true 9
      link-aggregation:
        mode: active-backup 10
        options:
          miimon: '140' 11
        slaves: 12
        - eth1
        - eth2
      mtu: 1450 13
1
ポリシーの名前。
2
オプション: nodeSelector パラメーターを含めない場合、ポリシーはクラスター内のすべてのノードに適用されます。
3
この例では、hostname ノードセレクターを使用します。
4
インターフェースの名前。
5
オプション: 人間が判読できるインターフェースの説明。
6
インターフェースのタイプ。この例では、ボンドを作成します。
7
作成後のインターフェースの要求された状態。
8
オプション: dhcp を使用しない場合は、静的 IP を設定するか、IP アドレスなしでインターフェースを出ることができます。
9
この例では ipv4 を有効にします。
10
ボンドのドライバーモード。この例では、アクティブなバックアップモードを使用します。
11
オプション: この例では、miimon を使用して 140ms ごとにボンドリンクを検査します。
12
ボンド内の下位ノードの NIC。
13
オプション: ボンドの Maximum transmission unit (MTU)指定がない場合、この値はデフォルトで 1500 に設定されます。