18.3.2. ノード上でのインターフェースの作成

NodeNetworkConfigurationPolicy マニフェストをクラスターに適用してクラスター内のノード上にインターフェースを作成します。マニフェストには、インターフェースの要求された設定の詳細が含まれます。

デフォルトでは、マニフェストはクラスター内のすべてのノードに適用されます。インターフェースを特定ノードに追加するには、ノードセレクターの spec: nodeSelector パラメーターおよび適切な <key>:<value> を追加します。

手順

  1. NodeNetworkConfigurationPolicy マニフェストを作成します。以下の例は、すべてのワーカーノードで Linux ブリッジを設定します。

    apiVersion: nmstate.io/v1beta1
    kind: NodeNetworkConfigurationPolicy
    metadata:
      name: <br1-eth1-policy> 1
    spec:
      nodeSelector: 2
        node-role.kubernetes.io/worker: "" 3
      desiredState:
        interfaces:
          - name: br1
            description: Linux bridge with eth1 as a port 4
            type: linux-bridge
            state: up
            ipv4:
              dhcp: true
              enabled: true
            bridge:
              options:
                stp:
                  enabled: false
              port:
                - name: eth1
    1
    ポリシーの名前。
    2
    オプション: nodeSelector パラメーターを含めない場合、ポリシーはクラスター内のすべてのノードに適用されます。
    3
    この例では node-role.kubernetes.io/worker: "" ノードセレクターを使用し、クラスター内のすべてのワーカーノードを選択します。
    4
    オプション: インターフェースの人間が判読できる説明。
  2. ノードのネットワークポリシーを作成します。

    $ oc apply -f <br1-eth1-policy.yaml> 1
    1
    ノードネットワーク設定ポリシーマニフェストのファイル名。

関連情報