第6章 エンドポイントへの接続の確認

Cluster Network Operator (CNO) は、クラスター内のリソース間の接続ヘルスチェックを実行するコントローラーである接続性チェックコントローラーを実行します。ヘルスチェックの結果を確認して、調査している問題が原因で生じる接続の問題を診断したり、ネットワーク接続を削除したりできます。

6.1. 実行する接続ヘルスチェック

クラスターリソースにアクセスできることを確認するには、以下のクラスター API サービスのそれぞれに対して TCP 接続が行われます。

  • Kubernetes API サーバーサービス
  • Kubernetes API サーバーエンドポイント
  • OpenShift API サーバーサービス
  • OpenShift API サーバーエンドポイント
  • ロードバランサー

サービスおよびサービスエンドポイントがクラスター内のすべてのノードで到達可能であることを確認するには、以下の各ターゲットに対して TCP 接続が行われます。

  • ヘルスチェックターゲットサービス
  • ヘルスチェックターゲットエンドポイント