5.8.8. GCP での Ingress コントローラーのグローバルアクセスの設定

内部ロードバランサーで GCP で作成された Ingress コントローラーは、サービスの内部 IP アドレスを生成します。クラスター管理者は、グローバルアクセスオプションを指定できます。これにより、同じ VPC ネットワーク内の任意のリージョンでクラスターを有効にし、ロードバランサーとしてコンピュートリージョンを有効にして、クラスターで実行されるワークロードに到達できるようにできます。

詳細情報は、GCP ドキュメントのグローバルアクセスについて参照してください。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターを GCP インフラストラクチャーにデプロイしている。
  • 内部ロードバランサーを使用するように Ingress コントローラーを設定している。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. グローバルアクセスを許可するように Ingress コントローラーリソースを設定します。

    注記

    Ingress コントローラーを作成し、グローバルアクセスのオプションを指定することもできます。

    1. Ingress コントローラーリソースを設定します。

      $ oc -n openshift-ingress-operator edit ingresscontroller/default
    2. YAML ファイルを編集します。

      サンプル clientAccess 設定を Global に設定します。

        spec:
          endpointPublishingStrategy:
            loadBalancer:
              providerParameters:
                gcp:
                  clientAccess: Global 1
                type: GCP
              scope: Internal
            type: LoadBalancerService

      1
      gcp.clientAccessGlobal に設定します。
    3. 変更を適用するためにファイルを保存します。
  2. 以下のコマンドを実行して、サービスがグローバルアクセスを許可することを確認します。

    $ oc -n openshift-ingress edit svc/router-default -o yaml

    この出力では、グローバルアクセスがアノテーション networking.gke.io/internal-load-balancer-allow-global-access で GCP について有効にされていることを示しています。