14.10.2. egress 宛先設定形式

ルーターが DNS プロキシーモードでデプロイされる場合、ポートおよび宛先マッピングの一覧を指定します。宛先には、IP アドレスまたは DNS 名のいずれかを使用できます。

egress ルーター Pod は、ポートおよび宛先マッピングを指定するために以下の形式をサポートします。

ポートおよびリモートアドレス
送信元ポートおよび宛先ホストは、2 つのフィールド形式 (<port> <remote_address>) を使用して指定できます。

ホストには、IP アドレスまたは DNS 名を指定できます。DNS 名を指定すると、DNS 解決が起動時に行われます。特定のホストについては、プロキシーは、宛先ホスト IP アドレスへの接続時に、宛先ホストの指定された送信元ポートに接続されます。

ポートとリモートアドレスペアの例

80 172.16.12.11
100 example.com

ポート、リモートアドレス、およびリモートポート
送信元ポート、宛先ホスト、および宛先ポートは、<port> <remote_address> <remote_port> の 3 つのフィールドからなる形式を使用して指定できます。

3 つのフィールド形式は、2 つのフィールドバージョンと同じように動作しますが、宛先ポートが送信元ポートとは異なる場合があります。

ポート、リモートアドレス、およびリモートポートの例

8080 192.168.60.252 80
8443 web.example.com 443