21.2.2. Octavia の使用による Kuryr を使用するクラスターのスケーリング

クラスターで Kuryr を使用する場合は、クラスターの API Floating IP アドレスを既存の Octavia ロードバランサーに関連付けます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターは Kuryr を使用します。
  • Octavia は Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) デプロイメントで利用できます。

手順

  1. オプション: コマンドラインからクラスター API の Floating IP アドレスを再利用するには、この設定を解除します。

    $ openstack floating ip unset $API_FIP
  2. 設定を解除された API_FIP、または新規アドレスを、作成されたロードばランサー VIP に追加します。

    $ openstack floating ip set --port $(openstack loadbalancer show -c <vip_port_id> -f value ${OCP_CLUSTER}-kuryr-api-loadbalancer) $API_FIP

クラスターは、負荷分散に Octavia を使用するようになりました。

注記

Kuryr が Octavia Amphora ドライバーを使用する場合、すべてのトラフィックは単一の Amphora 仮想マシン (VM) 経由でルーティングされます。

この手順を繰り返して追加のロードバランサーを作成します。これにより、ボトルネックを軽減することができます。