15.4. IPv4/IPv6 デュアルスタックネットワークへの変換

クラスター管理者は、IPv4 および IPv6 アドレスファミリーをサポートするデュアルネットワーククラスターネットワークに、IPv4 の単一スタッククラスターを変換できます。デュアルスタックに変換した後、新規に作成された Pod はすべてデュアルスタック対応になります。

注記

デュアルスタックネットワークは、インストーラーでプロビジョニングされるベアメタルインフラストラクチャーでのみプロビジョニングされるクラスターでサポートされます。

15.4.1. デュアルスタッククラスターネットワークへの変換

クラスター管理者は、単一スタッククラスターネットワークをデュアルスタッククラスターネットワークに変換できます。

注記

デュアルスタックネットワークへの変換後に、新規に作成された Pod のみに IPv6 アドレスが割り当てられます。変換前に作成された Pod は、IPv6 アドレスを受信するように再作成される必要があります。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてクラスターにログインしていること。
  • クラスターで OVN-Kubernetes CNI クラスターネットワークプロバイダーを使用している。
  • クラスターノードには IPv6 アドレスがあります。

手順

  1. クラスターおよびサービスネットワークの IPv6 アドレスブロックを指定するには、以下の YAML を含むファイルを作成します。

    - op: add
      path: /spec/clusterNetwork/-
      value: 1
        cidr: fd01::/48
        hostPrefix: 64
    - op: add
      path: /spec/serviceNetwork/-
      value: fd02::/112 2
    1
    cidr および hostPrefix フィールドでオブジェクトを指定します。ホストのプレフィックスは 64 以上である必要があります。IPv6 CIDR プレフィックスは、指定されたホストプレフィックスに対応する十分な大きさである必要があります。
    2
    プレフィックスが 112 である IPv6 CIDR を指定します。Kubernetes は最低レベルの 16 ビットのみを使用します。プレフィックスが 112 の場合、IP アドレスは 112 から 128 ビットに割り当てられます。
  2. クラスターネットワーク設定にパッチを適用するには、以下のコマンドを入力します。

    $ oc patch network.config.openshift.io cluster \
      --type='json' --patch-file <file>.yaml

    ここでは、以下のようになります。

    file
    先の手順で作成したファイルの名前を指定します。

    出力例

    network.config.openshift.io/cluster patched

検証

以下の手順を実施して、クラスターネットワークが直前の手順で指定した IPv6 アドレスブロックを認識していることを確認します。

  1. ネットワーク設定を表示します。

    $ oc describe network

    出力例

    Status:
      Cluster Network:
        Cidr:               10.128.0.0/14
        Host Prefix:        23
        Cidr:               fd01::/48
        Host Prefix:        64
      Cluster Network MTU:  1400
      Network Type:         OVNKubernetes
      Service Network:
        172.30.0.0/16
        fd02::/112