12.9. VRF へのセカンダリーネットワークの割り当て

重要

CNI VRF プラグインはテクノロジープレビュー機能としてのみご利用いただけます。テクノロジープレビュー機能は Red Hat の実稼働環境でのサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされていないため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。

Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲についての詳細は、https://access.redhat.com/ja/support/offerings/techpreview/ を参照してください。

12.9.1. VRF へのセカンダリーネットワークの割り当て

クラスター管理者は、CNI VRF プラグインを使用して、VRF ドメインの追加のネットワークを設定できます。このプラグインにより作成される仮想ネットワークは、指定する物理インターフェースに関連付けられます。

注記

VRF を使用するアプリケーションを特定のデバイスにバインドする必要があります。一般的な使用方法として、ソケットに SO_BINDTODEVICE オプションを使用できます。SO_BINDTODEVICE は、渡されるインターフェース名で指定されているデバイスにソケットをバインドします (例: eth1)。SO_BINDTODEVICE を使用するには、アプリケーションに CAP_NET_RAW 機能がある必要があります。

12.9.1.1. CNI VRF プラグインを使用した追加のネットワーク割り当ての作成

Cluster Network Operator (CNO) は追加ネットワークの定義を管理します。作成する追加ネットワークを指定する場合、CNO は NetworkAttachmentDefinition カスタムリソース (CR) を自動的に作成します。

注記

Cluster Network Operator が管理する NetworkAttachmentDefinition CR は編集しないでください。これを実行すると、追加ネットワークのネットワークトラフィックが中断する可能性があります。

CNI VRF プラグインで追加のネットワーク割り当てを作成するには、以下の手順を実行します。

前提条件

  • OpenShift Container Platform CLI (oc) をインストールします。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとして OpenShift クラスターにログインします。

手順

  1. 以下のサンプル CR のように、追加のネットワーク割り当て用の Network カスタムリソース(CR)を作成し、追加ネットワークの rawCNIConfig 設定を挿入します。YAML を additional-network-attachment.yaml ファイルとして保存します。

    apiVersion: operator.openshift.io/v1
    kind: Network
    metadata:
      name: cluster
      spec:
      additionalNetworks:
      - name: test-network-1
        namespace: additional-network-1
        type: Raw
        rawCNIConfig: '{
          "cniVersion": "0.3.1",
          "name": "macvlan-vrf",
          "plugins": [  1
          {
            "type": "macvlan",  2
            "master": "eth1",
            "ipam": {
                "type": "static",
                "addresses": [
                {
                    "address": "191.168.1.23/24"
                }
                ]
            }
          },
          {
            "type": "vrf",
            "vrfname": "example-vrf-name",  3
            "table": 1001   4
          }]
        }'
    1
    plugins は一覧である必要があります。一覧の最初の項目は、VRF ネットワークのベースとなるセカンダリーネットワークである必要があります。一覧の 2 つ目の項目は、VRF プラグイン設定です。
    2
    typevrf に設定する必要があります。
    3
    vrfname は、インターフェースが割り当てられた VRF の名前です。これが Pod に存在しない場合は作成されます。
    4
    任意設定。table はルーティングテーブル ID です。デフォルトで、tableid パラメーターが使用されます。これが指定されていない場合、CNI は空のルーティングテーブル ID を VRF に割り当てます。
    注記

    VRF は、リソースが netdevice タイプの場合にのみ正常に機能します。

  2. Network リソースを作成します。

    $ oc create -f additional-network-attachment.yaml
  3. 以下のコマンドを実行して、CNO が NetworkAttachmentDefinition CR を作成していることを確認します。<namespace> を、ネットワーク割り当ての設定時に指定した namespace に置き換えます(例: additional-network-1)。

    $ oc get network-attachment-definitions -n <namespace>

    出力例

    NAME                       AGE
    additional-network-1       14m

    注記

    CNO が CR を作成するまでに遅延が生じる可能性があります。

追加の VRF ネットワーク割り当てが正常であることの確認

VRF CNI が正しく設定され、追加のネットワーク割り当てが接続されていることを確認するには、以下を実行します。

  1. VRF CNI を使用するネットワークを作成します。
  2. ネットワークを Pod に割り当てます。
  3. Pod のネットワーク割り当てが VRF の追加ネットワークに接続されていることを確認します。Pod にリモートシェルを実行し、以下のコマンドを実行します。

    $ ip vrf show

    出力例

    Name              Table
    -----------------------
    red                 10

  4. VRF インターフェースがセカンダリーインターフェースのマスターであることを確認します。

    $ ip link

    出力例

    5: net1: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc noqueue master red state UP mode