11.5. 移行のロールバック

MTC の Web コンソールまたは CLI を使用して移行をロールバックできます。

移行を手動でロールバックすることもできます。

11.5.1. MTC の Web コンソールでの移行のロールバック

MTC (Migration Toolkit for Containers) Web コンソールで移行をロールバックできます。

注記

以下のリソースは、直接的なボリューム移行 (DVM) の失敗後もデバッグ用に移行した名前空間に留まります。

  • 設定マップ (ソースおよび宛先クラスター)
  • Secret CR (ソースおよび宛先クラスター)
  • Rsync CR (ソースクラスター)

これらのリソースはロールバックには影響しません。これらは手動で削除できます。

後で同じ移行プランを正常に実行すると、失敗した移行のリソースが自動的に削除されます。

移行の失敗時にアプリケーションが停止されている場合、永続ボリュームでのデータの破損を防ぐために移行をロールバックする必要があります。

移行時にアプリケーションが停止しなかった場合には、ロールバックは必要ありません。元のアプリケーションがソースクラスター上で依然として実行されているためです。

手順

  1. MTC Web コンソールで、Migration plans をクリックします。
  2. 移行計画の横にある Options メニュー kebab をクリックし、Migration の下にある Rollback を選択します。
  3. Rollback をクリックし、ロールバックが完了するまで待機します。

    移行計画の詳細に、Rollback succeeded が表示されます。

  4. ソースクラスターの OpenShift Container Platform Web コンソールでロールバックが正常に行われたことを確認します。

    1. HomeProjects をクリックします。
    2. 移行されたプロジェクトをクリックしてそのステータスを表示します。
    3. Routes セクションで Location をクリックし、アプリケーションが機能していることを確認します (該当する場合)。
    4. WorkloadsPods をクリックし、Pod が移行した namespace で実行されていることを確認します。
    5. StoragePersistent volumes をクリックして、移行した永続ボリュームが正常にプロビジョニングされていることを確認します。