11.4.3.6. MigMigration カスタムリソースの Restic 検証エラー

ファイルシステムデータのコピー方法を使用して永続ボリュームを移行する際にデータ検証が失敗すると、以下のエラーが MigMigration CR に表示されます。

出力例

status:
  conditions:
  - category: Warn
    durable: true
    lastTransitionTime: 2020-04-16T20:35:16Z
    message: There were verify errors found in 1 Restic volume restores. See restore `<registry-example-migration-rvwcm>`
      for details 1
    status: "True"
    type: ResticVerifyErrors 2

1
エラーメッセージは Restore CR 名を識別します。
2
ResticVerifyErrors は、検証エラーが含まれる一般的なエラーの警告です。
注記

データ検証エラーによって移行プロセスが失敗することはありません。

Restore CR を確認して、データ検証エラーのソースを特定できます。

手順

  1. ターゲットクラスターにログインします。
  2. Restore CR を表示します。

    $ oc describe <registry-example-migration-rvwcm> -n openshift-migration

    出力では、PodVolumeRestore エラーのある永続ボリュームを特定できます。

    出力例

    status:
      phase: Completed
      podVolumeRestoreErrors:
      - kind: PodVolumeRestore
        name: <registry-example-migration-rvwcm-98t49>
        namespace: openshift-migration
      podVolumeRestoreResticErrors:
      - kind: PodVolumeRestore
        name: <registry-example-migration-rvwcm-98t49>
        namespace: openshift-migration

  3. PodVolumeRestore CR を表示します。

    $ oc describe <migration-example-rvwcm-98t49>

    出力では、エラーをログに記録した Restic Pod を特定できます。

    出力例

      completionTimestamp: 2020-05-01T20:49:12Z
      errors: 1
      resticErrors: 1
      ...
      resticPod: <restic-nr2v5>

  4. Restic Pod ログを表示し、エラーを見つけます。

    $ oc logs -f <restic-nr2v5>