第2章 OpenShift Container Platform 3 と 4 の相違点

OpenShift Container Platform 4.8 ではアーキテクチャーの変更および拡張機能が導入されるため、OpenShift Container Platform 3 クラスターの管理に使用した手順は OpenShift Container Platform 4 で適用されない可能性があります。

OpenShift Container Platform 4 クラスターの設定については、OpenShift Container Platform ドキュメントの該当するセクションを参照してください。新機能および他の重要な技術上の変更点については、『OpenShift Container Platform 4.8 リリースノート』を参照してください。

既存の OpenShift Container Platform 3 クラスターを OpenShift Container Platform 4 にアップグレードすることはできません。新規の OpenShift Container Platform 4 インストールで開始する必要があります。コントロールプレーンの設定およびアプリケーションのワークロードの移行に役立つツールを使用できます。

2.1. アーキテクチャー

OpenShift Container Platform 3 では、管理者は Red Hat Enterprise Linux (RHEL) ホストを個別にデプロイし、その後に OpenShift Container Platform をこれらのホストにインストールし、クラスターを作成しました。管理者は、これらのホストを適切に設定し、更新を実行する必要があります。

OpenShift Container Platform 4 では、これまでとは大きく異なる方法で OpenShift Container Platform クラスターがデプロイされ、管理されるようになりました。OpenShift Container Platform 4 には、Operator、マシンセット、および Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) などの、クラスターの操作に対するコアとなる新たなテクノロジーおよび機能が含まれます。このテクノロジーの移行により、クラスターは管理者が以前に実行していた一部の機能を自己管理できるようになります。また、プラットフォームの安定性と一貫性を確保し、インストールおよびスケーリングを単純化することが可能です。

詳細は、『OpenShift Container Platform アーキテクチャー』を参照してください。

イミュータブルなインフラストラクチャー

OpenShift Container Platform 4 は、コンテナー化されたアプリケーションを実行するために設計された Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) を使用し、効率的なインストール、Operator ベースの管理、および単純化されたアップグレードを可能にします。RHCOS は、RHEL のようなカスタマイズ可能なオペレーティングシステムではなく、イミュータブルなコンテナーホストです。RHCOS により、OpenShift Container Platform 4 は基礎となるコンテナーホストのデプロイメントを管理し、自動化できます。RHCOS は OpenShift Container Platform の一部です。これは、すべてがコンテナー内で実行され、OpenShift Container Platform を使用してデプロイされることを意味します。

OpenShift Container Platform 4 では、コントロールプレーンノードは RHCOS を実行する必要があるため、コントロールプレーンのフルスタック自動化が維持されます。これにより、OpenShift Container Platform 3 よりも簡単に更新がロールアウトされ、アップグレードが簡単になります。

詳細は、『Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS)』を参照してください。

Operator

Operator は、Kubernetes アプリケーションをパッケージ化し、デプロイし、管理する方法です。Operator は、ソフトウェアの他の部分を実行する際の運用上の複雑さを軽減します。Operator は環境を監視し、現在の状態を使用してリアルタイムの意思決定を行います。高度な Operator は、自動的にアップグレードし、障害に自動的に対応するように設計されています。

詳細は、「Operator について」を参照してください。