11.3.5. must-gather ツールの使用

must-gather ツールを使用して、MTC カスタムリソースのログ、メトリクス、および情報を収集できます。

must-gather データはすべてのカスタマーケースに割り当てられる必要があります。

1 時間または 24 時間のデータを収集し、Prometheus コンソールでデータを表示できます。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとして OpenShift Container Platform クラスターにログインする必要があります。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている必要があります。

手順

  1. must-gather データを保存するディレクトリーに移動します。
  2. oc adm must-gather コマンドを実行します。

    • 過去 1 時間のデータを収集するには、以下を実行します。

      $ oc adm must-gather --image=registry.redhat.io/rhmtc/openshift-migration-must-gather-rhel8:v1.6

      データは /must-gather/must-gather.tar.gz として保存されます。このファイルを Red Hat カスタマーポータル で作成したサポートケースにアップロードすることができます。

    • 過去 24 時間のデータを収集するには、以下を実行します。

      $ oc adm must-gather --image= \
        registry.redhat.io/rhmtc/openshift-migration-must-gather-rhel8: \
        v1.6 -- /usr/bin/gather_metrics_dump

      この操作には長時間かかる場合があります。データは /must-gather/metrics/prom_data.tar.gz として保存されます。このファイルは Prometheus コンソールで表示できます。

Prometheus コンソールでデータを表示するには、以下を実行します。

  1. ローカルの Prometheus インスタンスを作成します。

    $ make prometheus-run

    このコマンドでは、Prometheus URL が出力されます。

    出力

    Started Prometheus on http://localhost:9090

  2. Web ブラウザーを起動して URL に移動し、Prometheus Web コンソールを使用してデータを表示します。
  3. データを確認した後に、Prometheus インスタンスおよびデータを削除します。

    $ make prometheus-cleanup