9.2.5. MTC の Web コンソールでの移行計画の実行

MTC (Migration Toolkit for Containers) の Web コンソールで作成した移行計画を使用してアプリケーションとデータを移行できます。

注記

移行時に、MTC は移行された永続ボリューム (PV) の回収ポリシーをターゲットクラスターで Retain に設定します。

Backup カスタムリソースには、元の回収ポリシーを示す PVOriginalReclaimPolicy アノテーションが含まれます。移行した PV の回収ポリシーを手動で復元できます。

前提条件

MTC の Web コンソールには以下が含まれている必要があります。

  • Ready 状態のソースクラスター
  • Ready 状態のターゲットクラスター
  • レプリケーションリポジトリー
  • 有効な移行計画

手順

  1. MTC の Web コンソールにログインし、Migration plans をクリックします。
  2. 移行計画の横にある Options メニュー kebab をクリックし、Migration で以下のいずれかのオプションを選択します。

    • ステージ は、アプリケーションを停止せずにデータをソースクラスターからターゲットクラスターにコピーします。
    • Cutover はソースクラスターのトランザクションを停止し、リソースをターゲットクラスターに移動します。

      オプション: Cutover migration ダイアログで、移行時にソースクラスターで Halt トランザクションを消去できます。

    • State は、選択した Persistent Volume Claim (永続ボリューム要求、PVC) およびアプリケーションの状態を継続する Kubernetes リソースをコピーします。状態の移行を使用して、同じクラスター内の namespace を移行できます。

      重要

      状態の移行を使用して、クラスター間で namespace を移行しないでください。代わりにステージまたはカットオーバー移行を使用してください。

      • State migration ダイアログで 1 つ以上の PVC を選択し、Migrate をクリックします。
  3. 移行が完了したら、アプリケーションが OpenShift Container Platform Web コンソールで正常に移行されていることを確認します。

    1. HomeProjects をクリックします。
    2. 移行されたプロジェクトをクリックしてそのステータスを表示します。
    3. Routes セクションで Location をクリックし、アプリケーションが機能していることを確認します (該当する場合)。
    4. WorkloadsPods をクリックし、Pod が移行した namespace で実行されていることを確認します。
    5. StoragePersistent volumes をクリックして、移行した永続ボリュームが正常にプロビジョニングされていることを確認します。