11.5.2. コマンドラインインターフェースでの移行のロールバック

コマンドラインインターフェースで MigMigration カスタムリソース (CR) を作成して移行をロールバックできます。

注記

以下のリソースは、直接的なボリューム移行 (DVM) の失敗後もデバッグ用に移行した名前空間に留まります。

  • 設定マップ (ソースおよび宛先クラスター)
  • Secret CR (ソースおよび宛先クラスター)
  • Rsync CR (ソースクラスター)

これらのリソースはロールバックには影響しません。これらは手動で削除できます。

後で同じ移行プランを正常に実行すると、失敗した移行のリソースが自動的に削除されます。

移行の失敗時にアプリケーションが停止されている場合、永続ボリュームでのデータの破損を防ぐために移行をロールバックする必要があります。

移行時にアプリケーションが停止しなかった場合には、ロールバックは必要ありません。元のアプリケーションがソースクラスター上で依然として実行されているためです。

手順

  1. 以下の例に基づいて MigMigration CR オブジェクトを作成します。

    $ cat << EOF | oc apply -f -
    apiVersion: migration.openshift.io/v1alpha1
    kind: MigMigration
    metadata:
      labels:
        controller-tools.k8s.io: "1.0"
      name: <migmigration>
      namespace: openshift-migration
    spec:
    ...
      rollback: true
    ...
      migPlanRef:
        name: <migplan> 1
        namespace: openshift-migration
    EOF
    1
    関連付けられた MigPlan CR の名前を指定します。
  2. MTC の Web コンソールで、移行したプロジェクトリソースがターゲットクラスターから削除されていることを確認します。
  3. 移行したプロジェクトリソースがソースクラスターにあり、アプリケーションが実行中であることを確認します。