2.2. インストールおよびアップグレード

インストールプロセス

OpenShift Container Platform 3.11 をインストールするには、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) ホストを準備し、クラスターが必要とする設定値をすべて設定してから、Ansible Playbook を実行してクラスターをインストールし、セットアップする必要がありました。

OpenShift Container Platform 4.8 では、OpenShift インストールプログラムを使用してクラスターに必要なリソースの最小セットを作成できます。クラスターの実行後に、Operator を使用してクラスターをさらに設定し、新規サービスをインストールできます。初回の起動後に、Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) システムは、OpenShift Container Platform クラスターで実行される Machine Config Operator (MCO) によって管理されます。

詳細は、「インストールプロセス」を参照してください。

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) ワーカーマシンを OpenShift Container Platform 4.8 クラスターに追加する場合、Ansible Playbook を使用して、クラスターの実行後に RHEL ワーカーマシンを追加します。詳細は、「RHEL コンピュートマシンの OpenShift Container Platform クラスターへの追加」を参照してください。

インフラストラクチャーオプション

OpenShift Container Platform 3.11 では、ユーザーが準備し、維持するインフラストラクチャーにクラスターをインストールする必要があります。OpenShift Container Platform 4 では、独自のインフラストラクチャーを提供するだけでなく、OpenShift Container Platform インストールプログラムがプロビジョニングし、クラスターが維持するインフラストラクチャーにクラスターをデプロイするオプションを提供します。

詳細は、「OpenShift Container Platform インストールの概要」を参照してください。

クラスターのアップグレード

OpenShift Container Platform 3.11 では、Ansible Playbook を実行してクラスターをアップグレードします。OpenShift Container Platform 4.8 では、クラスターが、クラスターノードの Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) への更新を含む独自の更新を管理します。Web コンソールまたは OpenShift CLI から oc adm upgrade コマンドを使用することでクラスターを容易にアップグレードでき、Operator は自動的にアップグレードされます。OpenShift Container Platform 4.8 クラスターに RHEL ワーカーマシンがある場合、Ansible Playbook を引き続き実行してそれらのワーカーマシンをアップグレードする必要があります。

詳細は、『 クラスターの更新 』を参照してください。