9.2.4. MTC の Web コンソールでの移行計画の作成

MTC (Migration Toolkit for Containers) Web コンソールで移行計画を作成できます。

前提条件

  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてすべてのクラスターにログインしている必要があります。
  • 同じ MTC バージョンがすべてのクラスターにインストールされていることを確認する必要があります。
  • クラスターおよびレプリケーションリポジトリーを MTC の Web コンソールに追加する必要があります。
  • move データコピー方法を使用して永続ボリューム (PV) を移行する場合、ソースクラスターおよびターゲットクラスターには、リモートボリュームへの中断されないネットワークアクセスが必要です。
  • イメージの直接移行を使用する必要がある場合は、ソースクラスターのイメージレジストリーに公開されたルートを指定する必要があります。これは、MTC の Web コンソールまたは MigCluster カスタムリソースマニフェストを更新して実行できます。

手順

  1. MTC Web コンソールで、Migration plans をクリックします。
  2. Add migration plan をクリックします。
  3. Plan name を入力します。

    移行計画名には、253 以上の小文字の英数字 (a-z, 0-9) を使用できず、スペースやアンダースコア (_) を含めることはできません。

  4. Source clusterTarget cluster、および Repository を選択します。
  5. Next をクリックします。
  6. 移行用のプロジェクトを選択します。
  7. オプション: プロジェクトの横にある編集アイコンをクリックして、ターゲットの namespace を変更します。
  8. Next をクリックします。
  9. 各 PV の 移行タイプ を選択します。

    • Copy オプションは、ソースクラスターの PV のデータをレプリケーションリポジトリーにコピーしてから、データを同様の特徴のある新規に作成された PV でターゲットクラスターで復元します。
    • Move オプションは、ソースクラスターからリモートボリューム (例: NFS) をアンマウントし、リモートボリュームをポイントするターゲットクラスターで PV リソースを作成し、その後にリモートボリュームをターゲットクラスターにマウントします。ターゲットクラスターで実行されているアプリケーションは、ソースクラスターが使用していたものと同じリモートボリュームを使用します。
  10. Next をクリックします。
  11. 各 PV の Copy method を選択します。

    • スナップショットのコピー は、クラウドプロバイダーのスナップショット機能を使用してデータのバックアップおよび復元を行います。この場合、ファイルシステムのコピー を使用する場合よりもはるかに高速になります。
    • ファイルシステムのコピー は、ソースクラスターのファイルをバックアップし、それらをターゲットクラスターで復元します。

      ファイルシステムのコピー方法は、ボリュームの直接移行に必要です。

  12. Verify copy を選択して、ファイルシステムのコピー で移行されたデータを確認します。データは、各ソースファイルのチェックサムを生成し、復元後のチェックサムを確認して検証されます。データ検証は、パフォーマンスを大幅に低下させます。
  13. Target storage class を選択します。

    Filesystem copy を選択している場合、ターゲットストレージクラスを変更できます。

  14. Next をクリックします。
  15. Migration options ページで、ソースクラスターに公開されたイメージレジストリールートを指定した場合に Direct image migration オプションが選択されます。Filesystem copy でデータを移行する場合、Direct PV migration オプションが選択されます。

    直接の移行オプションは、イメージおよびファイルをソースクラスターからターゲットクラスターに直接コピーします。このオプションは、イメージおよびファイルをソースクラスターからレプリケーションリポジトリーにコピーしてから、レプリケーションリポジトリーからターゲットクラスターにコピーする場合よりもはるかに高速になります。

  16. Next をクリックします。
  17. オプション: Add Hook をクリックし、移行計画にフックを追加します。

    フックはカスタムコードを実行します。単一の移行計画計画に最大 4 つのフックを追加できます。各フックは異なる移行ステップで実行されます。

    1. Web コンソールに表示するフックの名前を入力します。
    2. フックが Ansible Playbook の場合はAnsible playbook を選択し、Browse をクリックして Playbook をアップロードするか、フィールドに Playbook の内容を貼り付けます。
    3. オプション: デフォルトのフックイメージを使用していない場合は、Ansible ランタイムイメージを指定します。
    4. フックが Ansible Playbook ではない場合には、Custom container image をクリックし、イメージ名とパスを指定します。

      カスタムコンテナーイメージには、Ansible Playbook を含めることができます。

    5. Source cluster または Target cluster を選択します。
    6. Service account name および Service account namespace を入力します。
    7. フックの移行手順を選択します。

      • preBackup: アプリケーションのワークロードがソースクラスターでバックアップされる前
      • postBackup: アプリケーションのワークロードがソースクラスターでバックアップされた後
      • preRestore: アプリケーションのワークロードがターゲットクラスターで復元される前
      • postRestore: アプリケーションのワークロードがターゲットクラスターで復元された後
    8. Add をクリックします。
  18. Finish をクリックします。

    移行計画は、Migration plans 一覧に表示されます。

永続ボリュームのコピー方法に関する他のリソース