6.5.2. Multi-Cloud Object Gateway の設定

OpenShift Container Storage Operator をインストールし、Multi-Cloud Object Gateway (MCG) ストレージバケットを MTC (Migration Toolkit for Containers) のレプリケーションリポジトリーとして設定できます。

6.5.2.1. OpenShift Container Storage Operator のインストール

OpenShift Container Storage Operator は、OperatorHub からインストールできます。

詳細は、『 Red Hat OpenShift Container Storage: Planning your deployment 』の「Disconnected environment 」を参照してください。

手順

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールで、OperatorsOperatorHub をクリックします。
  2. Filter by keyword (この場合は、OCS) を使用し、 OpenShift Container Storage Operator を見つけます。
  3. OpenShift Container Storage Operator を選択し、Install をクリックします。
  4. Update ChannelInstallation Mode、および Approval Strategy を選択します。
  5. Install をクリックします。

    Installed Operators ページで、OpenShift Container Storage Operator は、Succeeded のステータスと共に openshift-storage プロジェクトに表示されます。