5.5.3. Amazon Web Services S3 の設定

Amazon Web Services (AWS) S3 ストレージバケットを MTC (Migration Toolkit for Containers) のレプリケーションリポジトリーとして設定できます。

前提条件

  • AWS S3 ストレージバケットは、ソースクラスターおよびターゲットクラスターからアクセスできる必要があります。
  • AWS CLI がインストールされていること。
  • スナップショットのコピー方法を使用する場合は、以下の条件を満たす必要があります。

    • EC2 Elastic Block Storage (EBS) にアクセスできる必要があります。
    • ソースおよびターゲットクラスターが同じリージョンにある必要があります。
    • ソースおよびターゲットクラスターには、同じストレージクラスがある必要があります。
    • ストレージクラスはスナップショットと互換性がある必要があります。

手順

  1. AWS S3 バケットを作成します。

    $ aws s3api create-bucket \
        --bucket <bucket> \ 1
        --region <bucket_region> 2
    1
    S3 バケット名を指定します。
    2
    S3 バケットリージョンを指定します (例: us-east-1)。
  2. IAM ユーザー velero を作成します。

    $ aws iam create-user --user-name velero
  3. EC2 EBS スナップショットポリシーを作成します。

    $ cat > velero-ec2-snapshot-policy.json <<EOF
    {
        "Version": "2012-10-17",
        "Statement": [
            {
                "Effect": "Allow",
                "Action": [
                    "ec2:DescribeVolumes",
                    "ec2:DescribeSnapshots",
                    "ec2:CreateTags",
                    "ec2:CreateVolume",
                    "ec2:CreateSnapshot",
                    "ec2:DeleteSnapshot"
                ],
                "Resource": "*"
            }
        ]
    }
    EOF
  4. 1 つまたはすべての S3 バケットの AWS S3 アクセスポリシーを作成します。

    $ cat > velero-s3-policy.json <<EOF
    {
        "Version": "2012-10-17",
        "Statement": [
            {
                "Effect": "Allow",
                "Action": [
                    "s3:GetObject",
                    "s3:DeleteObject",
                    "s3:PutObject",
                    "s3:AbortMultipartUpload",
                    "s3:ListMultipartUploadParts"
                ],
                "Resource": [
                    "arn:aws:s3:::<bucket>/*" 1
                ]
            },
            {
                "Effect": "Allow",
                "Action": [
                    "s3:ListBucket",
                    "s3:GetBucketLocation",
                    "s3:ListBucketMultipartUploads"
                ],
                "Resource": [
                    "arn:aws:s3:::<bucket>" 2
                ]
            }
        ]
    }
    EOF
    1 2
    単一の S3 バケットへのアクセスを付与するには、バケット名を指定します。すべての AWS S3 バケットへのアクセスを付与するには、以下の例が示すようにバケット名の代わりに * を指定します。

    出力例

    "Resource": [
        "arn:aws:s3:::*"

  5. EC2 EBS ポリシーを velero に割り当てます。

    $ aws iam put-user-policy \
      --user-name velero \
      --policy-name velero-ebs \
      --policy-document file://velero-ec2-snapshot-policy.json
  6. AWS S3 ポリシーを velero に割り当てます。

    $ aws iam put-user-policy \
      --user-name velero \
      --policy-name velero-s3 \
      --policy-document file://velero-s3-policy.json
  7. velero のアクセスキーを作成します。

    $ aws iam create-access-key --user-name velero
    {
      "AccessKey": {
            "UserName": "velero",
            "Status": "Active",
            "CreateDate": "2017-07-31T22:24:41.576Z",
            "SecretAccessKey": <AWS_SECRET_ACCESS_KEY>, 1
            "AccessKeyId": <AWS_ACCESS_KEY_ID> 2
        }
    }
    1 2
    AWS リポジトリーを MTC の Web コンソールに追加するために AWS_SECRET_ACCESS_KEY および AWS_ACCESS_KEY_ID を記録します。