9.2.3. MTC の Web コンソールへのレプリケーションリポジトリーの追加

MTC (Migration Toolkit for Containers) の Web コンソールに、オブジェクトストレージをレプリケーションリポジトリーとして追加できます。

MTC は、以下のストレージプロバイダーをサポートしています。

  • Amazon Web Services (AWS) S3
  • Multi-Cloud Object Gateway (MCG)
  • 汎用 S3 オブジェクトストレージ(例: Minio または Ceph S3)
  • Google Cloud Provider (GCP)
  • Microsoft Azure Blob

前提条件

  • オブジェクトストレージをレプリケーションリポジトリーとして設定する必要があります。

手順

  1. MTC の Web コンソールで、Replication repositories をクリックします。
  2. Add repository をクリックします。
  3. Storage provider type を選択し、以下のフィールドに入力します。

    • AWS および MCG を含む S3 プロバイダー向けの AWS

      • Replication repository name: MTC の Web コンソールでレプリケーションリポジトリー名を指定します。
      • S3 bucket name: S3 バケットの名前を指定します。
      • S3 bucket region: S3 バケットリージョンを指定します。AWS S3 の場合に必須です。一部の S3 プロバイダーの場合は、オプション になります。予測値については、S3 プロバイダーの製品ドキュメントを確認してください。
      • S3 endpoint: バケットではなく S3 サービスの URL を指定します (例: https://<s3-storage.apps.cluster.com>)。汎用 S3 プロバイダーの場合は必須です。https:// プレフィックスを使用する必要があります。
      • S3 provider access key: AWS の場合は <AWS_SECRET_ACCESS_KEY> を指定し、MCG および他の S3 プロバイダーの場合は S3 プロバイダーアクセスキーを指定します。
      • S3 provider secret access key: AWS の場合は <AWS_ACCESS_KEY_ID> を指定し、MCG および他の S3 プロバイダーの場合は S3 プロバイダーシークレットアクセスキーを指定します。
      • Require SSL verification: 汎用 S3 プロバイダーを使用している場合は、このチェックボックスをクリアします。
      • 自己署名証明書用にカスタム CA 証明書バンドルを作成している場合は、Browse をクリックして Base64 でエンコードされたファイルを参照します。
    • GCP:

      • Replication repository name: MTC の Web コンソールでレプリケーションリポジトリー名を指定します。
      • GCP bucket name: GCP バケットの名前を指定します。
      • GCP credential JSON blob: credentials-velero ファイルに文字列を指定します。
    • Azure:

      • Replication repository name: MTC の Web コンソールでレプリケーションリポジトリー名を指定します。
      • Azure resource group: Azure Blob ストレージのリソースグループを指定します。
      • Azure storage account name: Azure Blob ストレージアカウント名を指定します。
      • Azure credentials - INI file contents: credentials-velero ファイルに文字列を指定します。
  4. Add repository をクリックし、接続の検証を待機します。
  5. Close をクリックします。

    新規リポジトリーが Replication repositories 一覧に表示されます。