11.2.3. DirectVolumeMigration

DirectVolumeMigration CR は永続ボリューム (PV) をソースクラスターから宛先クラスターに直接コピーします。

apiVersion: migration.openshift.io/v1alpha1
kind: DirectVolumeMigration
metadata:
  name: <direct_volume_migration>
  namespace: openshift-migration
spec:
  createDestinationNamespaces: false 1
  deleteProgressReportingCRs: false 2
  destMigClusterRef:
    name: <host_cluster> 3
    namespace: openshift-migration
  persistentVolumeClaims:
  - name: <pvc> 4
    namespace: <pvc_namespace>
  srcMigClusterRef:
    name: <source_cluster>
    namespace: openshift-migration
1
true に設定して、宛先クラスターの PV の namespace を作成します。
2
true に設定して移行後に DirectVolumeMigrationProgress CR を削除します。デフォルト値は false です。これにより、DirectVolumeMigrationProgress CR はトラブルシューティング用に保持されます。
3
宛先クラスターがホストクラスターではない場合は、クラスター名を更新します。
4
移行する PVC を 1 つ以上指定します。