5.2. ストレージの場所

重要

メータリングは非推奨の機能です。非推奨の機能は依然として OpenShift Container Platform に含まれており、引き続きサポートされますが、本製品の今後のリリースで削除されるため、新規デプロイメントでの使用は推奨されません。

OpenShift Container Platform で非推奨となったか、または削除された主な機能の最新の一覧については、『OpenShift Container Platform リリースノート』の「 非推奨および削除された機能」セクションを参照してください。

StorageLocation カスタムリソースは、データがレポート Operator によって保存される場所を設定します。これには、Prometheus から収集されるデータと Report カスタムリソースを生成して生成される結果が含まれます。

複数の S3 バケットや S3 と HDFS の両方などの複数の場所にデータを保存する必要がある場合や、メータリングによって作成されていない Hive/Presto のデータベースにアクセスする必要がある場合は、StorageLocation カスタムリソースのみを設定する必要があります。ほとんどのユーザーの場合、この設定は不要であり、必要なすべてのストレージコンポーネントを設定するには、メータリングの設定についてのドキュメントを参照するだけで十分です。

5.2.1. ストレージの場所の例

以下の例は、ビルトインローカルストレージオプションを示しています。これは、Hive を使用するように設定されています。デフォルトで、データは Hive がストレージ (HDFS、S3、または ReadWriteMany 永続ボリューム要求 (PVC)) を使用するように設定される場合には常に保存されます。

ローカルストレージの例

apiVersion: metering.openshift.io/v1
kind: StorageLocation
metadata:
  name: hive
  labels:
    operator-metering: "true"
spec:
  hive: 1
    databaseName: metering 2
    unmanagedDatabase: false 3

1
hive セクションが存在する場合、Hive サーバーを使用してテーブルを作成し、StorageLocation をデータを Presto に保管するように設定します。databaseName および unmanagedDatabase のみが必須フィールドです。
2
Hive 内のデータベースの名前。
3
true の場合、StorageLocation リソースは能動的に管理されず、databaseName が Hive に常に存在することが予想されます。false の場合、レポート Operator はデータベースを Hive に作成します。

以下の例では、ストレージに AWS S3 バケットを使用します。使用するパスを作成する際に、プレフィックスがバケット名に追加されます。

リモートストレージの例

apiVersion: metering.openshift.io/v1
kind: StorageLocation
metadata:
  name: example-s3-storage
  labels:
    operator-metering: "true"
spec:
  hive:
    databaseName: example_s3_storage
    unmanagedDatabase: false
    location: "s3a://bucket-name/path/within/bucket" 1

1
オプション: データベースに使用する Presto および Hive のファイルシステムの URL。これには、hdfs:// または s3a:// ファイルシステム URL を使用できます。

hive セクションに指定できる追加のオプションフィールドがあります。

  • defaultTableProperties: Hive を使用してテーブルを作成する設定オプションが含まれます。
  • fileFormat: ファイルシステムにファイルを保存するために使用するファイル形式です。オプションの一覧や詳細については、File Storage Format の Hive ドキュメント を参照してください。
  • rowFormat: Hive row フォーマットを制御します。これは、Hive が行をシリアライズ/デシリアライズする方法を制御します。詳細は、「Hive Documentation on Row Formats and SerDe」を参照してください。